CLW logo
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
Instagram
Instagram
MOBILE
qrcode
<< Null But Rich | main | 聞き放題 >>
燃え尽きるほどヒートペン

ミシンで縫った糸の処理は
ライターで焼いて(溶かして)いました。

 

んが、
画期的な道具を発見しました。

 

「ファンテック カービングヒートペンCH-1」

 

何が画期的かというと
スイッチを押すと
瞬時に糸切りできる状態になるのです。

 

ヒートペンの先の
フィラメント的な部分が
ミシンのポリエステル糸を切れる温度にまで
あっという間に到達するわけです。

 

ちょっと奥まった部分の糸処理は
ライターでは厳しい。

ハンダゴテを使うパターンもありますが、
コードが邪魔だったり
熱くなるまである程度待つ必要があります。

 

 

全体的にチープなつくりはさて置き、
なかなかに使える道具なわけです。

| - | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.cogito-works.com/trackback/1170611
トラックバック